【趣味の水彩画】初心者に最適な始め方とは?【独学は難しい】

近年、大人の趣味として水彩画を始める方が増えているようです。
様々な場所で素敵な作品を目にすると、自分でも描いてみたいと思ったりしますよね!

しかし、いざ趣味で水彩画を始めてみようと思っても、

「今から始めて上達するのだろうか?」

「何から始めれば良いのか分からない」

というように考えてしまって、何となく躊躇している方も多いのではないでしょうか?

学生時代から継続して絵を描いてきたような経験者の方は別として、多くの方は日常生活で絵を描く機会というのはあまりないため、このように考えてしまうのもある意味当然と言えます。

したがって水彩画を始めてみたいけど、何となくあと一歩が踏み出せないという方が結構います。

そこで今回は、初心者の方がどのように水彩画を始めれば良いか、おすすめのやり方を紹介します。

この記事を読めば今まで何となく水彩画を始めるのは大変そうと思っていた方も、「これなら自分も楽しく取り組めそう」と思っていただけるはずです。

この記事が水彩画にチャレンジするきっかけとなれば幸いです。

スポンサーリンク

水彩画を楽しむための近道

これまで特に美術部などに所属した事のない初心者の方が水彩画を始める場合、最も重要なポイントは、手軽で上達しやすい方法で始める事です。

そもそも多くの方が水彩画を始めようと思ったのはどんな理由からでしょうか?

「水彩画って素敵だな。こんな絵を描けたら楽しいだろうなぁ。自分でも描いてみたい!」

細かい理由は人それぞれかもしれませんが、大まかに言えばこのように考えたからだと思います。

同時に躊躇してしまう理由としては

「興味はあるけど面倒くさそう。今から始めてもちゃんと描けるようになるのかな?」

と、このように考える方が多いでしょう。

要するに水彩画は楽しそうだけど、

  • 面倒くさそう
  • 描けるようになるのか不安

という事だと思います。

したがってなるべく面倒くさくなく(手軽に)、上達しやすい方法で始める事が、初心者が水彩画を楽しむための近道という事になります。

水彩画の始め方

趣味でこれから水彩画を始める場合、ほとんどの人は以下の3つの方法のどれかでスタートします。

  • 独学
  • 絵画教室
  • 通信講座

それぞれの特徴について、見ていきましょう。

独学

基本的には書店で水彩画の描き方に関する教本などを購入したり、ネットで情報を得たりしながら独自に学んでいく方法です。

独学でのメリット・デメリットは以下になります。

  • メリット:費用が安い、マイペースで学べる
  • デメリット:上達するのが遅い(難しい)

まず独学の最大のメリットは圧倒的にコストを低く抑えられるという点です。

ネットの情報はほとんど無料ですし、書店で教本や参考書を買うだけなので、仮に数冊買ったとしても数千円程度でしょう。

また自分の好きな時間にできるので、マイペースで取り組むことができます。
他の人と競うこともなく、自宅で手軽に学ぶことができます。

デメリットとしては、何と言っても上達が遅いという点です。

例えばネットからはたくさんの情報を入手できますが、それぞれが別々の情報なため、一貫性がなく初心者にとってはかえって混乱を引き起こす可能性が高くなります。

どのサイトの情報を採用するべきかの判断も難しく、わからない事がある度にいちいちネットで検索し、情報を取捨選択する時間と手間はかなりの労力を必要とします。

また教本で学ぶ場合、いかに丁寧に解説しているテキストだったとしても、手の動きや筆の運び方などを視覚的に確認することが困難で、細かい部分の描き方がよくわかりません。

技術的な部分を文字だけで学ぶのは、やはり限界があります。

このような理由で独学ではどうしても上達が遅くなってしまうのです。

水彩画に限らず楽器などにも言えますが、始めたばかりの時はなかなか上手くいかずに悪戦苦闘しますが、上達を実感できると急激に楽しくなってきます。

逆に上達を実感できないと楽しさを感じるどころかだんだんと辛くなってきて、挫折する可能性が高くなります。

したがって、少しでも早く上達を実感することが水彩画を楽しめるようになるポイントなので、上達までに時間がかかる独学はおすすめできません。

絵画教室に通う

独学は上達が遅いのでおすすめしないと言いましたが、上達のために1番手っ取り早いのは絵画教室に通う事です。

絵画教室に通う事でのメリット・デメリットは以下になります。

  • メリット:上達が早い
  • デメリット:費用が高い、通う手間がかかる

絵画教室に通うのが最も上達が早いというのは言うまでもありません。

講師の先生から実際に教えてもらい、わからない部分があっても質問すれば直接答えてもらえるため上達が早く、すぐに水彩画が楽しくなっていく事でしょう。

ただそれはあくまでも、きちんと教室に通い続けられるという前提の話です。

現実にはその教室があなたに合っているかというのも重要な要素だったりします。
先生との相性だったり、教室の雰囲気だったり、他の生徒さんとの相性もありますね。

上手な生徒さんがいる中に初心者の自分が入ることに抵抗があると感じる方も多いです。

また自宅で自分の自由な時間に始められる独学と違って、決められた時間に教室に通う必要があるため、当然ですが時間と手間がかかります。

絵画教室は英会話教室などと違って、それほどたくさんあるわけでは無いので場合によっては自宅からかなり遠い場所に通う事になるかもしれません。

私にも経験がありますが、何か習い事をしていて、習い事自体は好きなのに通うのが億劫で辞めてしまうという方も結構いるのではないでしょうか?

さらに独学と比べると格段に費用がかかります。

ただ逆に言うとこれらのデメリットが自分にとって何も問題ないと感じるようでしたら断然、絵画教室に通う事をおすすめします!
何度も言いますが、上達するには絵画教室で先生から直接習うのが1番です。

通信講座

独学、絵画教室それぞれのメリット・デメリットを見てきましたが、通信講座はこれら2つのいいとこ取りになります。

  • メリット:自分の好きな時間に学べる、費用が手頃、上達しやすい
  • デメリット:直接質問できない

通信講座なら教室に通うわけではなく、自宅で自分の好きな時間に自由に始められるため、手軽に学ぶ事ができます。
もちろん他の生徒さんに気を使う必要もありません。

DVD付きの通信講座であればプロの描き方を目で見て確認できるので、技術的な部分をしっかりと身につけることが可能です。

また独学で始める場合だと本やネットでいろいろと調べたりする必要がある一方で、通信講座なら最初のステップから最後までが一つのパッケージになっているため、その教材をこなしていくだけでよく、他に自分で何かを調べたりする必要もありません。

費用も独学ほどではないにせよ、教室に通うよりも遥かに安く抑えられ、コストパフォーマンスも高いです。

ただ良い事づくめのようですが、唯一デメリットと言えるのは、分からないところがあっても講師の先生に直接質問できないという事です。
通信講座の特性上、どうしても難しい部分です。

ただこれについても、DVD付きの通信講座なら何度も繰り返し見直す事で、ほとんどの疑問は解決できるでしょう。
誰にも気兼ねする事なく、自分が納得いくまで何度も巻き戻して学べるのが、DVD付き通信講座の良さと言えます。

おすすめなのは『プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座3弾セット』という講座です。

プロの講師によって考え抜かれた一貫したプログラムで、教本だけではなかなか理解しづらい手の動きや作業の様子などをDVDの動画を見て確認できるため、わかりやすく安心して水彩画を学ぶ事ができます。

講師はこれまで数々の賞を受賞され、ご自身でも個展や絵画教室を開催されている上西竜二先生。

DVDで動画を見ながら流れに沿って進め、ゼロから一つの作品を完成させていくプログラムです。

プロの描き方を目で確認しながら、その通りに真似して描いていくだけで自然と上達していく内容になっているので楽しく続けられます。

講座の内容に興味がある方は、以下のリンク先で実際のDVDに収録されている動画の一部が無料で視聴できるのでチェックしてみる事をおすすめします。

絵画教室よりも上達が速い!自宅で学べる!初心者向け水彩画講座

今なら送料無料で代引き手数料も無料。
さらに期間限定の特典もついてくるので、かなりお得に始められますよ!

まとめ

今回は初心者の方に最適な水彩画の始め方について、お話ししてきました。

記事の中でも書きましたが、基本的には絵画教室に通うか、通信講座を受講することをおすすめします。

ただ独学で始めて、そのまま楽しく続けている方ももちろんいるでしょう。

要はご自分に合ったやり方で、楽しく続けられる事が最も重要です。

これから新たに水彩画にチャレンジしようという気持ちはとても素晴らしいことです。
今回の記事を参考に、ぜひ水彩画を楽しんでいただけたらと思います。

タイトルとURLをコピーしました