スカイリム「猛勉強」を攻略!フェルグロウ砦でオーソーンと本探し

今回はスカイリムウィンターホールド大学クエスト「猛勉強」の攻略について解説していきます。

前回のクエスト「アンダー・サールザル」ではサールザル遺跡で巨大なオーブを発見しました。

クエスト「アンダー・サールザル」の攻略について詳しくは以下の記事をどうぞ。

【スカイリム】アンダー・サールザル攻略!行き方や仕掛けを詳しく解説
今回はスカイリムのウィンターホールド大学クエスト「アンダー・サールザル」の攻略について解説していきます。前回ファラルダの試験に合格し、大学への入学が許可され、最初の授業を受けました。関連記事今回も実際にプレイし...

今回も実際のプレイの流れに沿って、詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

アルケイナエウムへ

サールザル遺跡にて巨大なオーブを発見した事を大学のアークメイジ、サボス・アレンに報告すると、クエスト「猛勉強」がスタートします。

サボスはこの件についてアルケイナエウムにいるウラッグ・グロ・シューブに話すようにと言ってきました。

アルケイナエウムとは大学にある図書館の事で、ウラッグ・グロ・シューブはそこを管理している人物です。

アルケイナエウムは元素の間の手前、東側にある扉から行けます。マップでは以下の場所ですね。

ウラッグに話しかけると、サールザルで見つかったオーブの件については力になれないが、大学から盗まれた本に情報があるかもしれないと教えてくれました。

本を盗んだのはオーソーンという元見習い魔術師で、彼がフェルグロウ砦に持って行ったようです。

マップだと以下の場所になります。
ウィンドヘルムとホワイトランのちょうど中間あたりですね。

フェルグロウ砦へ

アルケイナエウムから出ようとするとアンカノが立っていてこちらに話しかけてきます。

アンカノはサールザルで見つけた物についてあれこれ聞いてきます。

明らかに怪しいですが、とにかくクエストを進めましょう。

フェルグロウ砦には魔術師達が多く出現するので、以下のような物を準備して行くと攻略の手助けになると思います。

  • 魔法耐性を上昇させる薬
  • 魔法耐性や属性耐性(炎耐性など)が付呪された防具や装飾品
  • マジカ減退などのマジカにダメージを与える毒
  • マジカにダメージを与える付呪された武器

準備が整ったらさっそくフェルグロウ砦に向かいましょう。
ちなみに外観はこんな感じ。

正面の建物には鍵がないと入れません。

建物の西側に地下への階段がありフェルグロウ砦のダンジョンという扉があるのでそこから入りましょう。

中に入り少し進むと以下のようなトラップがあるので注意!

通路を進むと浸水している一階と二階がある広間に出ます。

二階にはフロスト・バイト・スパイダーを飼い慣らしている魔術師がいるので倒します。

広間を出て進むと以下のような、踏むと矢が飛んでくるトラップがあるので注意。

このトラップのある通路を直進すると奥に扉があり、宝箱があります。

またトラップを左に曲がると牢屋に続く通路に出ます。

ここでも地面に魔法のトラップが仕掛けられています。
特に魔法のトラップはダメージも大きいので注意しましょう。

魔法のトラップを解除するには安全な場所から攻撃魔法を当てれば解除できます。

しかし近くに敵がいた場合、気付かれてしまうので注意が必要です。
ここでもこちらに気づいたコンジュラーが、奥から1人現れるので倒しましょう。

スポンサーリンク

牢屋には吸血鬼が捕らえられていて、部屋の壁にあるレバーを作動させると牢屋から解放することができます。

解放された吸血鬼達は捕らえられた復讐のためか、隣りの部屋になだれ込み、そこにいる敵の魔術師達と戦ってくれます。

吸血鬼vs魔術師の大乱闘が見られるので面白いですよ(笑)。

さらに道なりに進んで階段を降りると、また牢屋のある部屋に出ます。

ここでも魔術師がいるので倒すと、牢屋に囚われている男がいます。
彼が大学から本を持ち出したオーソーンです。

彼の牢屋の前にレバーがあるので、3つあるうちの真ん中のレバーを作動させて解放してあげましょう。

解放されたオーソーンはこちらの手助けがしたいと言ってきます。
オーソーンを連れて行っても、連れて行かなくてもどちらでも良いですが、連れて行くとこのダンジョンの最後で取引きに使えます。

オーソーンによると、大学から盗んだ本は召喚者が持っているという事です。

牢屋の隣にある扉からさらに地下へと進みます。
しばらく魔術師達を倒しつつ進むと上に登る階段があり、フェルグロウ砦への扉を開きます。

召喚者と対面

フェルグロウ砦に入っても引き続き魔術師達を倒しながら進みます。

途中以下のような台座の上に「オブリビオンの扉」という本が置いてあり、読むと召喚スキルが上昇します。

さらに道なりに進むと、フェルグロウ砦の儀式の間という扉に突き当たるので入ります。

すると広間の中央に召喚者という人物がいて、話しかけてきます。

会話の流れから選択肢が出てきますが、選んだ選択肢によって以下のような結果になります。

  • 「頼むから返してくれないか」 ⇒戦闘に突入
  • 「取引をしよう」⇒オーソーンを連れていた場合、身柄を渡す事で戦闘回避。
  • 「本と一緒に行かせてくれたら、、、」⇒説得に成功すれば戦闘回避。

戦闘に突入した場合、召喚者は複数の精霊を召喚し、瞬間移動しながら破壊魔法をバシバシ撃ってくるという、なかなかの強敵です。

薬や毒などを上手く活用しながら戦うのがおすすめです。

強敵ですが倒すと持ち物から「フェルグロウ砦の儀式の間の鍵」を入手できます。
その鍵で正面の扉を開くと宝箱などがあり、そのまま脱出できます。

戦闘を回避した場合、「フェルグロウ砦の儀式の間の鍵」は入手できないので正面の扉を開くことはできません。

召喚者を倒すか戦闘を回避したら、本を回収します。

部屋には3箇所の台座の上に以下の本が置いてあるので取りましょう。

  • 「アルテウムについて」
  • 「涙の夜」
  • 「アイレイド最後の王」

戦闘回避した場合は、正面の扉を開ける鍵がないので、本を回収したら来た道を戻って帰ります。

召喚者が強くて倒せない場合

先ほど説明したとおり、召喚者はかなりの強敵なので「強くて倒せない!でも正面の扉を開けて宝箱をゲットしたい!」という方もいるかと思います。

その場合はいきなり戦うのではなく、まずは交渉して戦闘を回避します。

すると会話が終了し、自由に動けるので隠密状態で召喚者の背後に回り、攻撃します。

不意打ち攻撃となり、大ダメージを与えられるので、簡単に倒す事ができます。
かなり汚いやり方ですが(笑)。

ウラッグに報告

大学に戻ってアルケイナエウムへ行き、ウラッグ・グロ・シューブに話しかけます。

ウラッグはこれらの本を読み直し、気になる記述があればミラベルに報告するということです。

またこの3冊のうちの「涙の夜」という本についてトルフディルと話すようにと依頼してきました。

ここでクエスト「猛勉強」をクリア!
続いて新たなクエスト「善意」がスタートします。

まとめ

今回はウィンターホールド大学クエスト「猛勉強」の攻略について解説してきました。

吸血鬼を捕虜にしている魔術師達と戦うという、スカイリムらしいカオスなクエストでした(笑)。

引き続き大学のクエストについての攻略記事を書いていこうと思います。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました