【スカイリム】サルモール大使館に侵入し「外交特権」を攻略する!

今回はスカイリムのメインクエスト「外交特権」の攻略について解説します。

これより前のクエスト「闇に眠る刀剣」ではアルドゥインによってドラゴンが復活しているという事が判明しました。

クエスト「闇に眠る刀剣」について詳しくは以下の記事をご覧下さい。

「闇に眠る刀剣」を攻略!カイネスグローブへの行き方も解説
以前、スカイリムのメインクエスト「創始者の角笛」の攻略法について解説しましたが、今回はその流れで発生する新たなメインクエスト「闇に眠る刀剣」について解説していきます。クエストの進め方やカイネスグローブへの行き方など、実際のプレイに...

今回も実際にプレイしながら攻略を進めていきたいと思います。

スポンサーリンク

晩餐会へ乗り込む


アルドゥインが蘇らせたドラゴンを倒した後、デルフィンは自らの正体を明かしました。

ブレイズの一員であるデルフィンは、ドラゴンの復活にサルモールが関わっていると考え、情報を得るためにサルモール大使館に侵入する必要があると主張。

自分では正体がバレてしまうため、代わりに侵入してほしいと頼まれます。

ここで新たなクエスト「外交特権」がスタート!

侵入する作戦を練るために一旦リバーウッドスリーピング・ジャイアントに戻ります。

デルフィンはサルモール大使館に侵入する方法としてサルモール大使エレンウェンの晩餐会に侵入する事を提案してきました。

そこでサルモールの機密書類を探せと。

大使館内にはこちらの情報提供者、ウッドエルフマルボーンがいて、すでにソリチュードの宿屋「ウィンキング・スキーヴァー」で彼と会う手筈になっているようです。

その間にデルフィンは晩餐会への招待状を用意しておくとの事。

マルボーンとの打ち合わせを終えたら、ソリチュードの馬屋でデルフィンと落ち合う約束をしました。

さっそくソリチュードに向かいましょう。

装備を渡す

ウィンキング・スキーヴァーはソリチュードの門から入って左側にある宿屋です。

店内に入ると、暖炉の後ろの席にマルボーンがいます。

マルボーンの話によると、大使館内には荷物を持ちこむことができないので、必要な物をあらかじめマルボーンに渡しておけば、大使館内に運び込んでおくとの事。

以下のような荷物の受け渡し画面になるので、アイテムを渡しておきましょう。

ここでしっかりと渡しておかなければ大使館侵入時に本当に無防備になるので、特に装備品や薬は忘れずに渡しておく事をおすすめします。

話が終わったらデルフィンに会うために、馬屋へ向かいます。

スポンサーリンク

馬屋はソリチュードの門から出て真っ直ぐ西に向かうと左手に見えるカトラ農園の中にあり、風車の下にデルフィンがいます。

デルフィンは晩餐会に出席しても怪しまれない服をくれたので、着替えましょう。

武器や兜なども外したら、デルフィンに話しかけて、晩餐会へ移動します。
この時デルフィンに渡した荷物はクエストの最後で返してもらえます。

自動的にサルモール大使館に着くので、建物の前にいるサルモール・ウィザードに招待状を見せ、大使館内に入ります。

サルモール大使のエレンウェンと少し話したらパーティー会場へ。

ソリチュードのエリクールや悪名高いメイビン・ブラックブライアなど、スカイリムの権力者達が出席しているので、いろいろ会話してみるのも面白いかもしれません。

マルボーンはカウンターにいるので、準備ができたと声をかけると、みんなの注意をそらすように言われます。

マルボーンからお酒をもらい、酔っ払いのラゼランという男に話しかけます。
酒を渡すと上機嫌になるのでにやってもらいたい事があると話し、騒ぎを起こすようにけしかけます。

ラゼランが騒いで他の参加者や衛兵達の気を引いている間に、マルボーンについて行き、大使館の内部へと侵入します。

参加者達の注意をそらすには、エリクールに話しかけて給仕の女性ブレラスとの間にトラブルを起こさせる方法もあります。

大使館に侵入

キッチンを抜けた先に宝箱があり、その中にマルボーンに預けた持ち物が入っているので取り出します。

武器や防具を装備するのをお忘れなく。

宝箱の前にある扉から奥へ進み衛兵達が談笑している部屋に入っていきます。

攻略の仕方としては隠密状態で近づき、不意打ちで1人ずつ倒していくのが良いかと思いますが、普通に真正面からゴリゴリ戦闘していくのもアリです。

僕個人としては、なるべく隠密状態で倒しながら敵の数を減らしていき、気付かれたら普通に戦う感じで攻略しました。

敵を倒しつつ、まずは今いる建物から外へ出ます。

1階からそのまま外に出ても良いですし、2階から出ても同じ中庭に出るので、どちらでも大丈夫です。
2階では薬やゴールドが手に入るので、アイテムを取りこぼしたくない方は2階から行くと良いでしょう。

スポンサーリンク

エレンウェンの日光浴室へ

外に出ると中庭になっていて衛兵達が警備しているので、同じように倒しながら「エレンウェンの日光浴室」という建物に入ります。

建物内に入ると正面に衛兵がいて、左側の方から話し声が聞こえます。

焦らず、隠密状態のまま声のする左側の方へ向かいましょう。

執務室の扉が開いていて、男が喋っているのが見えますが、後ろを向いているのでそのまま素通りします。

素通りした先には宝箱があり、ウルフリック、デルフィン、ドラゴンに関するサルモールの機密書類尋問室の鍵を手に入れます。

書類を読む限りどうやらサルモールはドラゴンの復活に関わっていないようで、そればかりかドラゴンについてあまり把握できていない様子。

しばらくすると喋っていた男達はいなくなり、衛兵1人だけになります。

建物内のアイテムを入手したいなら、衛兵を始末して1階・2階それぞれ物色します。

取る物を取ったら、地下へ降りて先ほど手に入れた鍵で「サルモール大使館・尋問室」に入ります。

尋問室へ

エチエンという男がサルモール高官のルリンディルに尋問されているので、衛兵とルリンディルを倒し、横にある宝箱を開けて「サルモール調査:エズバーン」という機密書類を入手します。

これで必要な機密書類は全て手に入れました。

あとはここから脱出するだけですが、ここでこちらの協力者のマルボーンが衛兵に連行されてきます。

そのままにしていると衛兵と戦闘になり、マルボーンが結構な確率でやられてしまいます。

マルボーンの命も助けたい場合は、彼らが現れたらすぐに隠密状態になり、物陰などに隠れましょう。

彼らは2階から入ってくるので、ルリンディルがいた場所の後ろ側にある階段の下に隠れ、衛兵が1階に降りてきたところを背後から不意打ちするのがおすすめです。

倒した衛兵から「落とし戸の鍵」を奪い、捕われていたエチエンを助けると一緒に脱出する事に。

「異臭の洞窟」という落とし戸があるのでここから脱出しましょう。

中に入ると、フロスト・トロールがいるので素早く倒します。
もたもたしていると、命知らずのマルボーンが突っ込んできて、フロスト・トロールにやられてしまいます。

そのまま洞窟の外に出れば、脱出成功です。

デルフィンに報告

リバーウッドの宿屋に戻り、デルフィンに報告します。

サルモールはドラゴンの復活には関わっていない事、エズバーンという人物を探している事などを報告。

デルフィンによるとエズバーンはブレイズのメンバーでドラゴンの伝承について詳しいとの事。

どうやらサルモールはドラゴンについての情報を得るためにエズバーンを探しているようです。

エズバーンは現在リフテンラットウェイという場所に居ると思われ、デルフィンから尋ねてみるように頼まれました。

ここでクエスト「外交特権」をクリア!

新たなクエスト「追い詰められたネズミ」がスタートしました。

デルフィンに預けていた持ち物は壁際にある宝箱の中に入っているので、忘れずに回収しましょう。

まとめ

今回はスカイリムのメインクエスト「外交特権」の攻略について解説してきました。

ちょっとしたスパイ映画のようなスリルと臨場感があって、なかなか面白いクエストだったのではないでしょうか?

引き続きメインクエストの攻略記事についても書いていきたいと思います。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました